離婚後に生活保護を受ける条件

  • HOME »
  • 離婚後に生活保護を受ける条件

離婚を考えているという女性には色々な不安や問題があるのですが、その中でも特に多いのが離婚後の生活が不安だという悩みです。
仕事をしている場合はまだ給料が入ってくるのである程度対応する事ができるのですが、専業主婦だった場合は離婚をしてしまうと収入が全くなくなってしまいます。
しかも慰謝料や財産分与が望めないという場合には生活が立ち行かなくなってしまうので、離婚を考えている場合はその点をどうにかしないといけなくなります。
そこで考えられる方法のひとつが生活保護を受けるというものなのですが、離婚をしてから生活保護を受けるためには一定の条件を満たしていないと受けられません。

離婚後生活保護を受ける条件
離婚後に生活費を受けられる条件として挙げられているのが、

・援助してくれる家族や親せきがいない
・全く自分名義の資産がない
・病気やケガで仕事ができない
・月収が最低生活費よりも低い

というものです。これらを満たしている場合はすぐに申請することができるのですが、これらの条件を満たしていない場合は申請しても受けられないという可能性が高くなっています。

母子家庭の場合はどのような条件になっているのかというと、上記の条件の中の一つである月収が最低生活費よりも低いという点を満たしていれば申請することができます。
そして母子家庭の生活保護の場合は通常と違って「子どもがいる分だけ最低生活費が加算される」という仕組みになっているので、
住んでいる地域によって決められた階級に設定された金額が支給されるようになっています。
ただし、注意点としてあくまでも生活保護は最低生活費に達するために支給される金額となっており、それ以上の金額を要求する事は難しくなっています。
そのため引越し費用などもそちらから捻出する事になりますし、子供の年齢が上がっていくに連れて支給額も少なくなります。
従って生活保護に一時的に頼ったとしても、そのまま頼るのではなく仕事を見つけて収入を確保した方が良いと言われています。

PAGETOP