専門家ナビ-弁護士・医師・歯科医師・司法書士・税理士・行政書士-

専門家を紹介します。

相続で専門家に相談する-相続で弁護士や司法書士に相談するメリット-

 身内が亡くなったら相続人が集まって遺産分割協議を開くことになりますが、亡くなった人の財産が金銭だけなら何も問題なく民法の規定に従ってそれを分割すれば良いだけです。

 しかし亡くなった人が不動産や有価証券を持っていた場合にはそうは行かず、誰がそれを相続するかで色々と揉めることもあります。ただ何度も話し合っていくうちに相続するものが決まるのが大半で、その後各々相続したものに関する手続きに入って行きます。それが金銭や動産であればそれほど大変ではないのですが、不動産を取得した場合には手続きが面倒で不動産登記法について分からないと何をして良いのか分からなくなってしまうこともあります。

 取得した不動産は登記をしなければそれを後に取得した善意の第三者に対抗することができないことになっているので、相続により不動産を取得した場合にはなるべく早く登記をする必要があります。不動産の登記の方法については不動産登記法を知っていれば簡単に分かるのですが、この法律について詳しいと言う人はそれほどいないです。
そのため登記方法が分からずに困ってしまうこともありますが、その場合には弁護士や司法書士に頼んで全て委任してしまえば良いのです。

 相続で司法書士に相談するメリットは不動産の登記手続きを行ってくれると言うことで、司法書士に頼めば何も苦労することなく取得した不動産を登記してもらうことができます。これにより相続により取得した不動産に関して他の人が自分の不動産であると主張して来ても対抗することができるので、安心してその不動産の上に建物を建てたり売ることができるのです。このように不動産を相続により取得した場合には登記手続きが必要となりますが、司法書士に頼めば全て行ってくれるので何も心配することはないです。
 最近ではインターネット上にホームページを開設している司法書士事務所が沢山あるので、不動産の登記手続きをして欲しいと思ったらこういったホームページを見て依頼するところを見つけることができます。相続の専門家を紹介する相続弁護士プラスなどのポータルサイトで相続に関する専門的な知識や経験を持つ弁護士を探すのもオススメです。

ブログ

離婚の理由ランキング

日本の離婚率は近年上昇傾向にあります。2000年には26万件をこえ、他の先進諸国と比較すると低い方ですが、 他 …

PAGETOP